2006年01月26日

情報量

好きなことや得意なことをテーマとしているならオリジナルの質の高い情報を一つは持っているでしょう。
それを目玉となるコンテンツにして、情報量を追求してください。

質と量の双方が充実していれば言うことがありませんが、両立させるのは並大抵のことではないので、まずは量を追求してください。

情報量が多くなれば、お気に入りに入れてもらえる可能性が高くなります。
1回目のアクセスで読みきれなければ、お気に入りに入れて後日改めてアクセスしようと考えます。
お客さんが商品を購入する確率が、一度目より二度目の訪問、二度目より三度目の訪問のほうが高くなるのはリアルの世界だけのことではありません。

サイトの滞在時間が長くなるほど、店頭で購入意思を決定するというデータがあります。
また、店への滞在時間が長ければ長いほど購入価格が高くなるというデータもあります。

情報量が多ければ、訪問者があなたのサイトに滞在する時間が長くなります。
あなたのサイトに滞在する時間が長くなるほど購入してもらえる確率が高くなります。
posted by 雪だるま at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アフェリエイトノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

広告の配置

情報提供型のサイトの場合、ページ上部に大きなバナー広告を貼るのは避けるべきです。
「このサイトは商品の販売が目的だ」と思われると、あなたの情報は宣伝のためのコピーという認識を持たれてしまいます。

最初にすべきことは情報提供です。
情報を提供して、その次に関連する商品紹介という順序ににします。
順序が反対になると、あなたの言葉は物を売りつけようとするセールスマンの言葉になります。

Google AdSenseを右サイドに配置するのが良いという意見が良く聞かれますが、情報提供型サイトの場合は本文の下に貼ると効果的です。
文章に集中すると、視界からサイドコンテンツが外れてしまいます。
段落の切れ目やページの下部に配置する方が目にする確率が高くなります。

しかし、サイトのレイアウトによって変わってくると思うので、色々な位置を試してベストの配置を見つけるしかありません。
バナー広告や商品リンクにも同じことが言えます。
posted by 雪だるま at 06:50| Comment(0) | TrackBack(1) | アフェリエイトノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の言葉で説明しよう!

テキスト広告が良いと言っても、単にECサイトの商品説明文をコピーして貼り付けただけでは効果はありません。
必ずあなたの言葉で説明して下さい。

あなたのサイトに来てくれるユーザーは、あなたの情報を信頼してくれた人です。
だから商品も信頼されたあなたが紹介しなければなりません。

商品説明が他人の文章では、ユーザーはあなたに不信を抱きます。
不信感のある相手からは誰も買おうとは思いません。
商品をしっかり理解して自分の言葉できっちり説明する事が大事です。
posted by 雪だるま at 06:42| Comment(1) | TrackBack(0) | アフェリエイトノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バナー広告よりテキスト広告!

テキスト広告は文章に溶け込み広告らしく見えないのでお勧めです。
クリック率もテキスト広告の方がが圧倒的に高いとデータでも証明されています。

視覚に訴えたいときはバナー広告や商品リンクを使いますが、単独で使うのではなくコメントを添えておく方がより効果的です。

広告の比率は、テキストリンクが9割で残り1割がバナー広告や商品リンクが良いでしょう。
バナー広告や商品リンクは画像なので、画面に表示されるまでの時間が長くなります。
それだけでユーザーに逃げられる原因となります。
posted by 雪だるま at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アフェリエイトノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。